BLOG

2019.12.23

年内最後の投稿

●釣行日:2019年12月14日・15日
●ポイント(場所):山陰地磯
●お名前:気ままなショアジガー
●使用ルアー/ジグ:撃投ハイパー150
●使用フック/サイズ:ミディアムロック9/0 stx58

 

お疲れ様です。

本当は年末までいけないはずでしたがウズウズしてきて

無理やり時間作って山陰地磯へ。

 

土曜日13時に仕事が終わり準備して三時間かけて到着。

時間は16時。。あきらめて酒でも飲もうと思いましたが、

山下り30分。…

日没17時すぎ。

30分夕マズメ勝負ができる。

とりあえず山下り崖をおり

磯へ。。

 

波は2メーター。。

この磯の高い足場は10メーターくらいの高さがある。

波を観察して

足場を決めた。

5分観察してたまにくる波が7メーターくらいの足場までしか上がる様子もなく、

7メーターくらいの足場も濡れてもいなかったから、その足場でも良かったのだが、

いつもは30分くらい波を観察する。

 

そして、足場をきめる。

今日は観察時間がない。

万が一を考えて10メーターほどの高い場所からの立ち位置にきめた。

日没まで15分。

ヒラマサ狙いと迷ったが

サラシが一面にあったため

平鱸にしぼる。。

 

…。。

 

まあいつも通りミラクルはおこらず日がくれたので山をあがる。。

これでうまいビールが飲めるぜ。

何事もプラス思考である笑

 

スーパーで半額のアジの刺身とチーズインハンバーグを買い駐車場へ戻る。

ここでいつもは酔っぱらい電話をするうざい僕。。

しかし、電波がないエリアなので一人撃投DVD1を久々に引っ張りだし、

テンションをあげながら飲む。。

懐かしい。10年以上前にこれを見て熱い気持ちになったのを思い出した。。

DSC_0119
そして、次の日のことを考え就寝。。

 

 

午前4時起きて準備して5時すぎに山下りスタート。

夕方には家に帰らないといけなかったため朝マズメ勝負である。。

磯に降りる途中ロープが新しくなってたり、

歩きやすく木が切ってあったり、

常連の餌師の方がいつも環境を整えてくれている。

 

本間あの人たちには感謝するのと同時に自分にもできることをしていかなければと思う。

磯の大先輩ありがとう。

色々な思いを感じながら磯に降りた。

 

昨日よりも波があがり2.5メーターくらい。。

波を観察するため早く降りたので30分ほどみていると10分に一回くらい
かなり高いバカ波がくる感じ。

それでも足場が10メーターの場所にはあがらない。

足場は決まったが右から左へ北東の風が強い。

足場が高いとこではルアー操作が難しい。。

水深10メーターないくらいのシャローエリアだが
撃投ハイパー150gにミディアムロックをセット。

ラインスラッグをとると風にラインとられるので竿先を下げ、
ラインスラッグあまりとらずに強めにトゥイッチをいれる感じならjigの動きが感じれる。

しかし、しばらく投げましたが魚からの反応はなく、

 

平鱸にシフトチェンジ。

 

…。。

 

甘くはない。

風でラインとられなかなかミノーが動かない。

シンペンや重いミノー持ってきてない自分の選択ミスである。

なんとか風がおさまるタイミングでワンバイトあったがのらず。

朝マズメ終了。

 

まだやりたかったがまたリベンジすると誓い山をあがり帰宅した。

釣れなかったが久々に渡船やなく地磯で自分で場所きめての釣りは楽しかったです。

 

 

2019年撃投ブログの年内投稿は最後ですが、

あきらめ悪いから釣り納めではありません。

年末年始釣るまで帰らない一人旅いきまーす。

 

皆様2019年も文才ないつまらないレポートにお付き合いいただきありがとうございました。

前から魚釣りは魚を釣るだけが魚釣りではない、楽しむのが魚釣りだ。

と思ってはいましたが

最近さらに釣果にそんなにこだわらなくなってきました。

 

そりゃもちろん釣れた方がよいし、小さいよりでかい魚がつりたいのはありますが。。

それよりも釣りを楽しみたい。

 

自分のやりたい釣りを自分の思うままにやりたいし磯を自然を全身で感じたい。

今年は個人的に人生の分かれ道がありました。

 

来年はもっともっと釣り街道まっしぐらだと思います。

こんなバカな僕ですがいつもバカな話に付き合ってくれる皆様のおかげで

本間に楽しく釣りできてますわ。

 

 

2019年もありがとうございました。

皆様怪我なく良い年を迎えてください。

来年もよろしくお願いいたします。

P4260096

2019.12.23 09:28 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る