BLOG

2019.11.19

逃がした魚はでっかい。

●釣行日:2019年10月26日
●ポイント(場所):山陰離島
●お名前:気ままなショアジガ~

●使用ルアー/ジグ:撃投ハイパー150グラム、撃投ストライク150グラム
●使用フック/サイズ:st66 1/0~4/0 ミディアムロック9/011/0
●魚種/全長(cm):2~4.5キロヒラゴ

 

お疲れ様です。

四連休釣行が終わり、

三日間仕事してまた休みがあったんで

スパイクがまだ乾かないうちにまた遠征にいってきました笑

 

当初予定していた場所は

風のむきが悪く中止になったので

エリアを少しかえてエントリー。

片道3時間半の運転が最近すごい近く感じます笑

渡船場につき濡れたスパイクをはく笑

もう一足買わねば笑

気持ち悪いが仕方なく

船で船長とはなす。

まあまあうねりがあるみたいで

希望の磯にはのれないかも。。

 

とりあえず目的の磯へむかってもらう。。

 

到着してみるもやはり波がはいあがり、やりにくそう。。

しばらく様子を見て船長判断にまかせる。。
・・・。。

 

いきましょう。。

タイミングみて磯にあがり

高台へ荷物をあげ一息つく。。

準備をしながら波のむき、波の高さ、立ち位置などをきめる。

30分くらい観察して

立ち位置は決まった。

足場は海面から5メーターくい。。

波はたまにセット波が海面から3メーターくらいあがっているが大丈夫だろう。

でかいのかけたら
海面から8メーターくらいつきでた瀬が嫌だなと思いながら

立ち位置はそこしかないんで

まずはタイドプール200にst66#4/0からスタート。。

足場高さと波と風が邪魔をしてなかなかうまくひけない。。

しばらく投げて水にかむパターンをみつけ、ロング気味にひいてみる。

 

何回か投げるとルアーの下に青白い何かがギラギラした。。

 

ん??

 

その方向にもう一度投げると

バシャッっと下からルアーが吸い込まれた??

重みがのったとこで一発鬼あわせをいれてすかさず浮かす。。

3キロあるなしのヒラゴでした、

 

DSC_2119

 

幸先よいスタートだが

うねりが大きくなってきたんで

さらに高い足場にあがる。

海面から6メーターくらい、

横風があるので

プラグが使いにくいので

撃投ストライク150グラムにミディアムロック11/0をセット。

潮はやや重たいがあまり流れは感じれない。。

 

とりあえずだらだら投げていると潮がすかすかになってきた。。

時間をみると潮止まりの時間。

潮が動き出すのを信じてなげていると中層でゴツンとロッドがひったくられた。

あわせをいれるもロッドは天をあおぐ。。

 

まあまあありそうな手応えだったのに。。

 

それから何投かしているとまた中層でゴツンとあたる。

あわせをしっかりいれると今度はかかったようだ。。

しかし、魚はこっちをむいて走っている。

いそいで巻くもまったく追い付かない。

え?ヒラマサ??

たまに三回くらいロッドを締め込むも

またフルスピードで手前にくる。

回収するくらいの早さで巻いても追い付かない。

サラシのあたりまでよしてきたとこでロッドがはねあがる、

 

サラシの中を黒い塊がすっ飛んでいきました。

70センチくらい。
え?ヨコワ?

釣りあげれなかったんでわかりませんがヨコワか鰹のでかいのぽかったです。

くやしい↓

食べたかった↓

 

それから投げると潮が左に流れだしている。

やはり先ほどのは潮が動き出すタイミングだったんだ。

やっぱり潮の動きはじめは投げ続けてないとわかりませんね

しばらくなげているとボトムでゴツンとヒット!!

3キロないくらいのヒラゴでした。

それからまあまあ左に潮が走りだし、でかいのかかったらいやだなー左には8メーターくらい張り出した瀬があるし。。。

 

しばらく何もなかったが

だらだら投げていると、

ボトムからすこし上でヒット。

あら?

こいつはでかいかも。

あわせを入れてグリップを腹にあてファイト開始。

やばいやっぱり左に走る。

ドラグまあまあかけていたんでなんとかいかさないように巻く巻く。

瀬際ギリギリの攻防で巻き続けようとおもってましたが

波がきてメインが磯に引っかかりそうに。。

瞬時に一瞬ベールをおこしうまいこと外れたまでは良かったが。。

一瞬の隙をついた魚は瀬の裏側へまわり根ズレの感覚が伝わる。

今の立ち位置じゃ巻いたら切れるので一度フリーにして崖をあがる。。

自分の息もあがりとりあえず浮かそうとベールを戻すも、根にロックしてしまいました。

引っ張ってロッドにきくと魚はまだついている。

ちょっとずつテンションかけて根掛かりをはずしていくも

ノット部分でやはりひっかかる。

3分くらいいろんな位置から引っ張っていたがもう魚の反応がない。

やられた・・・

崖をさらにあがりもうついていないだろうが逆から引っ張ってみると

外れた。

なんか海藻がひっかかっているのか?

すこし重い。

ん?

えー??

 

三回くらいまいたら

おそらく酸欠でぐったりしたヒラマサが浮いてきたじゃありませんか。。

 

しかも。。

メーターはゆうにこえてます。

しかし、足場が
10メーター近く。。

とりあえず一段ずりあげてどうにかとりにいくしかない。
ドラグしめて波とロッドパワーを信じてずりあげる。
よしっ上がった。。
…。気を抜いたのが間違いでまた引き波でサラシの中へ。

 

しかも、サラシで息をふきかえしたのかあれだけ時間かけてファイトしたのに

10キロくらいかけたドラグをたまにひきだす。。
こっち も酸欠になってきて突っ込むたびにうなり声がでる。

 

しかもトップガイドから少し下にノットがある状態だったんですが

根ズレしすぎで今にもきれそう。

 

なかなか判断できず

ずりあげることだけに集中。

三回ずりあげて落ちるをくりかえしたかな。。

 

あの瞬間忘れない。。

 

根ズレしてたノット部分から

パチン。。

 

きれた瞬間叫びまくりましたわ。

この情けないファイトシーンはgoproにとれてましたんで笑
8000chにだしていただきます。

みなさん時間ある方情けない僕のファイトみてください笑

 

・・・。。

 

ズタズタにされたラインをたぐりよせ、

崖をくだり立ち位置に戻る。

10キロくらいあったな↓

くやしい。

浮いたときにすぐラインつかんで抜きあげたらとれてた?

逆にライン出さずにすりながらでも巻いて切られる覚悟で巻いた方が良かった?

結果は魚がルアーつけたまま海にかえしてしまった。

無事ルアーをはずして生き延びまた勝負してほしい。

しばらく方針状態でしたが

時間もあまりないため撃投ハイパー150を投げまくりました。

4、5キロを一本と2~3キロあるなしのを6本くらい釣りまして、癒されたつりではありました。

 

DSC_2124

 

しかし、でっかいのを磯に忘れてきましたから

また通いつめて次チャンスものにしたいです。

 

 

今回も負けちゃいましたわ↓jigで目標サイズのメーターは越えていたと思う。

10キロ越え、それ近くはあっただろう。

逃がした魚はでっかい。

下手くそやけど通いつめてチャンスを倍にしていつかはよい魚を手にします。

またチャレンジするぞー

2019.11.19 09:28 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る