BLOG

2019.08.08

ジグの釣りの楽しいところ

●釣行日:2019年8月4日
●ポイント(場所):九州西岸
●お名前:上津原 勉

●使用ルアー/ジグ:ストライク105g.125g
●使用フック/サイズ:シワリ4/0、ロック7/0
●魚種/全長(cm):ヤズ

 

沖磯からの帰港後の帰り道、時間があれば地磯へ寄り道します。

魚を釣りたいと言うよりは、様子見で投げたいだけなんですが、投げ始めると釣りたくなります。

同じ地磯へ3連続で行きましたが、どのプラグをどう投げても、毎回同じ1つのプラグにだけ、かわいいサイズのヤズがバシャバシャと見に来ます。
しかし全く針に触りません。

ジグを入れると、有難いヒット!

3870241685d4ac0ebd83a4

ジグに食ってきてくれる事が嬉しい。

また別の日に同じ磯へ。
雨の日は山道に、カニさんが多い。

12628674125d4ac0ef2a637

濁っていて海面に、草が多い。

いつものヤズは、いつもの様に、プラグを見に来ました。

また別の日に同じ磯へ。
誰もいない磯が好きなんですが、そういう所は、クモの巣が多い。

182844975d4ac0ef2b240

暑くなると、スズメバチが多い。

今年は今まであまり見なかった小ぶりのスズメバチが様子見で、飛んできます。

ポイントについたら必ず直ぐに1匹、飛んできます。

投げ始めたら、飛んできます。

投げる方向を変えたら、飛んできます。

少し立ち位置を変えたら、飛んできます。

見張り役?としての仕事っぷりがなんて優秀なんだ、と感心すらします。

でも怖いです。皆様、蜂に刺されない様、お気を付けください!

 

潮替わりに、海底の起伏が激しい場所へ。
満潮前で上げ潮が緩み、魚が当たりそうだなと感じて、ストライク125gでの2投目、底から3しゃくり目でヒット。
直ぐにゴリゴリ根ズレファイト開始。

85cmありましたが、平べったくて4.8kgのヤズでした。

847015365d4ac0ef2be03

プラグを見に来る魚とは全然違うサイズがジグに食ってきました。

ヤズでも取り込みに手こずる事があるのが、ジグの釣りの楽しいところですね。

18161149525d4ac0ef2c9cb

海へお帰り頂いて、すぐに投げるも既に流れは変わっており、
その後5時間投げましたが、ヒットは無しでした。

今からジグに食うんじゃないかなと感じた時、魚が食ってくるのが、たまらないんですよね。

「ジグはしんどいから投げません」と磯で出会った方に言われたことがあるんです
が、ジグはしんどいと感じておられる方、是非、しんどくても投げ続けて下さい。

そのうちしんどくなくなりますし、

ジグってホント、釣れますよ。

 

2019.08.08 09:17 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る