BLOG

2018.12.19

美保関のサゴシ

●釣行日    :2018年12月15日
●ポイント(場所):島根県 美保関
●お名前    :佐藤 禎一

●使用ルアー/ジグ:SET UPPER 125S-DR
●使用フック/サイズ:STX-58 #6
●魚種/全長(cm):サゴシ

 

ここ最近めっきり寒くなった今日この頃。美保関へサゴシを狙いに行って来ました。

 

外海は時化ていましたが、美保湾は穏やかでたくさんのショアジガーが夜明け前から集まっていました。

仕事終わりに到着したため自分が入れる場所は波止の付け根付近のみという状況。

まあ、そこは遠投してカバーすることに。

あたりがうっすらと明るくなるころから皆投げ始め、先端のジガーの竿が曲がり、メインターゲットであるサゴシが!

 

これはチャンスと皆気合が入りましたが、まさかの沈黙。

その後誰の竿も曲がらない。もちろん自分も・・・

7017464335c196de5e7e09

 

 

 

ぞくぞくと引き揚げるショアジガー。

しかし、こんな状況は慣れっこ(笑)なので、回遊を信じて投げ続けます。

 

マンネリにならないようジグタックルと、プラグタックルを用意してローテーションしながら投げ続けていると、

日が完全に上りきった昼前から海面にサゴシジャンプが出始め、徐々に射程距離に近づいてきました。

急に波止が活気づき、射程に入ったところにミノーを撃ちこむと一撃でヒット!

引きの強さを楽しみながら抜き上げたのは60cm弱のサゴシ大!

 

5701032535c196de5c708a

 

よくベイトを捕食しているのか、吐き出したベイトは5cmくらいのカタクチイワシ。

 

15523498995c196de5d81fa

 

自分のミノーは12cm・・・大きさが全然合ってないことに「?」。

まぐれかと思いましたが、2回目の回遊で同じサイズを同じミノーでキャッチ!

しかも、一度フックオフしたにもかかわらず、追い食いでのヒットでした。

一度ベイトに狂ってしまうと見境無しに襲いかかるのかな、と思います。

 

波止に残っていたショアジガーも順ぐりヒットさせ、安心感からか皆会話がはずみます(笑)

そんな状況も30分ほどで鎮静化し、納竿となりました。

17765958225c196de5f35e1

 

帰宅後、1匹は最近釣りに行けてない知人に進呈し波止ジギを啓蒙。
もう一匹はタタキと塩焼きで美味しく頂きました。
なお、塩焼きは一気に完食したため写真はありません(笑)

1665391665c196de600285

2018.12.19 09:29 | Categories:
back
index
2019年1月
S M T W T F S
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページトップに戻る