BLOG

2018.04.16

待ちに待ったショアジギングへ

●釣行日    :2018年3月24日
●ポイント(場所):山口県長門市川尻岬・萩市見島
●お名前    :#おっさんじやーく

●使用ルアー/ジグ:撃投ストライク 撃投ジグ
●使用フック/サイズ:ジガーミディアムロック5/0
●魚種/全長(cm):残念ながら釣れませんでした

 

2018年3月末日、待ちに待ったショアジギングへと行って来ました。

なんだかんだ去年の秋に行った、男女群島以来のショアジギング!!

 

何処に行こうかと悩みましたが山口県の川尻岬・見島の釣行を計画しました。今回もフェイスブック釣り友と合流しての、地磯・沖磯釣行になりました。

 

17787630125ad332b34c3ef

 

川尻岬は遊歩道からエントリー出来る地磯です。

先に釣り友さんが磯へ先乗りされていたので、私は、足早に荷物を準備し遊歩道から地磯へと向かいました。

数十分後に現場に到着♪挨拶を交わし磯を観察。

 

さっさと支度をし、まづはトップからキャストしますが・・・ベイトの気配がありません( ;∀;)

ジグに変更し潮の感じを確かめてみましたが・・・すっからかんの潮です。

久しぶりのショアジギングなのでキープキャストをしましたが・・・撃沈。初日を終えました。

 

二日目の見島釣行は、岡山からのジギンガーさん2名と合流。計4名で見島のデッパリに磯上がりしました。

夜明けと共にトップをキャスト・・・見島もベイトの気配が無く、朝マヅメを終了しました。

ジグを投げ・・・トップを投げ・・・二日目のキープキャスト・・・

体は悲鳴をあげていましたが、根性でキャスト!!!

岡山からのジギンガーさんにヒラマサがヒットしましたが、残念ながらフックオフ。終了時間もせまり納竿となりました。

 

今回の釣行で気づいた事がありました。
地磯はエントリーし易い釣り場ですが、当日見かけたのはライフジャケットを装着していない・普通の長靴でフカセ釣りをされている年配者がおられました。水汲みバッカンで海水を汲まれていましたが、態勢を崩して落水したり・・・と考えたら。

二日目の沖磯に渡船で拝見させて頂いたのは、普通のスニーカーにベルト型の自動膨張式のライフジャケットでした。その方は磯ではありませんでしたが、例え沖の堤防やケーソンでも普通の靴は危険です!!ライフジャケットも自動膨張式ではなく、ウレタンタイプが良いと思います。磯では、転倒・転落・滑落・とアクシデントはつきものです。怪我をするだけではなく命を落とす事になります。楽しい釣りが出来なくなります。
春時期は磯も時化てなかなか釣りにいけません( ;∀;)

こんな時は妄想をしながらのフック作成!!  早く磯に立ちたい!!!!!

7453011125ad332b34b82b

 

2018.04.16 10:02 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る