BLOG

2017.08.10

とんでもないヤツ

●釣行日    :暫く前
●ポイント(場所):五島(あじか磯釣りセンター)
●氏名     :上津原 勉

●使用ルアー/ジグ :撃投ジグ125g
●使用フック/サイズ:ロック9/0 ビッグサーフ13号
●魚種/全長(cm) :ヒラマサ

 

暫く前の事になりますが、全く浮かせられないとんでもないヤツにやられた印象的なことの報告です。

 

今年は撃投125gピンクグローとロック9/0の組み合わせでヒラマサのヒットが続き、

ヒットレンジが深かった為に毎回ゴリゴリと根ズレしながらのローテンションファイトとなりました。

根ズレし始めたらローテンションにして、魚の動きで硬めのロッドティップで

パンパン弾くようにしていると案外すんなりと根からラインが外れてくれます。

ただこれはフックアウトもしやすい動作となりますが、

ロックが上顎にざっくりと深く刺さってくれる為、躊躇なくテンションを抜けます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ロックって、魚にはざっくり深く刺さってくれるのに、根掛かりは外れやすいと感じる事が多々あります。

針の形から根掛かりすると針先が外側に開こうとするため滑って外れているようです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

右側のように針先が外側に曲がってジグが戻ってくるので本当に助かります。

 

魚には刺さるけど岩は滑るロックに対して、シワリは形状から想像がつくように

岩にもガッチリいきやすいので、シワリで底を取るときは注意しています。

 

 

さて、印象的な出来事ですが、大好きなある磯に乗せて頂いた時の事です。

 

一通りキャストし魚も獲り、これから狙うべきはどこかと観察し続けるも、

足元から棚が張り出し掛けても獲れる気がしない場所以外に狙うべき場所が見当たりません。

地形と流れの角度から狙うべきポイントと立ち位置がそこ以外になく、

「食ったら棚を交わす方向に泳いでくれたらいいな」と自分に都合のいい事が起こる事を期待しつつ、

ジグをキャストした数投目、中層でドスンとジグを止められ、

合わせてリールを巻きこみテンションを上げていくも全く動かないサイズの魚がヒットしました。

魚がかかった先には見えない海中に根が有ります。

隣の磯から夜釣りでタイのカゴ釣りをしていると引っかかる場所が有り、

デカイやつにあっという間にハリスを切られる様な場所もあり、

周囲の地形はおおよそ把握していました。

海面に突き刺さったラインと足元から張り出す棚との距離は見た目に数十センチ程。

まったく魚が動かないこの嫌な「間」に身の危険も感じつつ、

しばらくして魚が走りだしたのはカゴが引っ掛かる水中の根に向かって一直線の方向でした。

途中走りが止まるも全く浮かせられず、再び走りだしトータル40m走られ根に入り最後はフックアウト。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ラインへの傷は10mのリーダー内に留まっておりPE6号は無傷。

同じ時間帯に他の複数の磯でもデカイやつがあたったらしく、

特大サイズが一斉に当たり誰も獲れていない面白い夕マズメでした。

ばらした後に思い出してもしょうがないのですが、

9年前に同じ場所でカゴ釣りでちょっと印象に残るバラシがあった事を思い出しました。

 

カゴ釣りでのヒラマサの獲り方はいくつかの方法でやっているのですが、

その時はヒット後合わせを入れず少しテンションをかけた状態で止まるまで走らせていました。

この方法でヒラマサが中層で止まれば、その後はスムースに寄ってきて

磯際での抵抗も軽減できることからうまく決まれば獲りやすい方法です。

スプールに添えた指からずっしりとした重量感を感じながら、

今回ばらした海中の根の方向へ流れを下っていきピタッと止まったの

でリールを巻き込みラインを伸ばしながら合わせを入れると簡単にぷつっと切れてしまいました。

仕掛けを回収すると魚が根で止まったようで、合わせによる根ズレでのハリス切れでした。

 

この時は魚が流れを下っていったのですが、今回は流れをのぼってのバラシ。

流速はどちらも1ノット以上のいきいきとした流れで、

真逆の流れでも同じ根に行かれてしまい結果的にやられるいい勉強になるバラシでした。

話はそれますが、潮だまりの牡蠣の間にドデカイイソメの仲間を発見!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

初めて見る長さで名前は分かりませんが、数匹獲ったうち最大は52cmもあり、

これを懐かしのビッグサーフ13号に付けて投げ込みます。

針に刺す感覚が凄く硬い!硬くて黒くて長い!

タイが釣れたら面白いなと思うも夜は全く反応なし。

翌日ジグタックルのリーダーを結び直している時に投げ込むと

ゴツゴツと当たりが有りガツガツ穂先を叩いて上がってきたのはやっぱりこれ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

デカイ餌に喰ってくるヤツはデカイ・・・けど、よく全部食べれたね・・・

ビッグサーフで釣れたので満足です。

 

長くなったのでまた改めさせて頂きます。

 

使用タックル
ロッド:COLTSNIPER XTUNE S908XH
リール:TWINPOWER SW PG (12000スプール)
ライン:撃投PE5号、PE6号
リーダー:100LB

2017.08.10 09:49 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
2017年12月
S M T W T F S
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る